合格間違いなし!登録販売者試験向けおすすめ教材

本ブログ
スポンサーリンク

最近ブログの更新頻度が低下していて申し訳ないです。
どうせ魔法同盟にハマってるんだろうと思われるかもしれませんが、あれは外出時しかまともにプレイできないので、実はそんなに大きなダメージにはなっていないんですよね。

実は登録販売者の試験が来月に迫っておりまして、現在絶賛追い込み中となっております🐸
とはいえ試験勉強自体は今年に入ってからずっとやっていましたし、直前に詰め込むタイプでもないのでそこまでガリ勉しているわけでもないのですが。

現在メインで使用している教材はこちら。

さすがに7日間じゃあ無理だろう…とは思いますが、図やグラフが多めでわかりやすくまとめられているので、興味がある人ならすんなり学習できると思います。
1冊2,000円近くするので1週間で読み捨ても勿体ないですね。
私はちょうど1ヶ月ほど前に購入して既に3回通り終わらせましたが、段々問題を解くスピードも早くなってきて良い感じです。

あと、この本の特徴として、試験項目を無視した構成になっているので苦手ジャンルができにくいのではないかと思います。
どういうことかというと、登録販売者試験では試験項目が以下のように5つに分けられています。

医薬品に共通する項目と基本的な知識20問 / 40分
人体の働きと医薬品20問 / 40分
主な医薬品とその作用40問 / 80分
薬事関係法規・制度20問 / 40分
医薬品の適正使用・安全対策20問 / 40分

多くの教本ではこの項目毎に順に勉強していくような構成になっています。

ただ、当然ながらこれらの項目は完全に別々に切り離されたものというわけではなく関連しています。
人体のしくみをうまく把握できていないと体内で薬がどのように作用するのかも理解できませんし、薬の副作用や危険性があるからこそ適切に利用するための決まり事が定められているわけです。
なので、本当はこんな項目の区切りに惑わされずに学習を進めていった方が繋がりがわかりやすく効率的ですし、実際に登録販売者として業務をする場合にもより実用的な知識として身に付くはずです。

ということで、こちらのテキストの作りは非常に素晴らしい!
これから何かテキスト購入を検討している方は、知名度だけで勝負しているユー●ャンなどには惑わされないでほしいですね。
実際ユー●ャンの登録販売者試験向けテキストは誤字が多いなど良くない評判も聞くので…他の試験向けテキストのことはわかりませんが。

過去問をこなしていきたい方にはこちらもおすすめです。

こちらは先ほどのテキストよりずっと前に、最初に買った教材です。
内容は「7日でうかる!…」より堅苦しく、ザ・教科書!という感じなので、勉強嫌いな人にはちょっと開きたくなくなるような感じ…

しかし、付属の「DEKIDASU-2」という学習ソフトは素晴らしい🐸
平成29年度に行われた全国の登録販売者試験の過去問が入っていて、どんどん解き進めることで自動でレーダーチャート分析してくれます。
自身の弱点を把握できるので、これで更に効率よく試験対策を進めることができるようになりますね。

試験対策講座などもありますが、個人的にはあまりおすすめできないですね。
登録販売者試験では思考能力を試される問題というのは一切なく、とにかくどれだけ正確な知識を身に付けられているかということしか見られません。
成分名の覚え方などはネットで優しい人が教えてくれたりもしますし、それ以上に自分で法則などを見つけて無理矢理にでもこじつけて覚えた方が忘れにくくて良いです。
講座を受けようが受けまいが自分で覚えないことにはどうにもなりませんので、記憶力に自信がない人は時間をかけてコツコツ覚えていくしかないんじゃないかなぁと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました